以前、顔見知りのUSED CAR販売業者の方に、12年乗

以前、顔見知りのUSED CAR販売業者の方に、12年乗りつぶした車を査定してもらいました。廃車寸前との結果で、値段をつけてもらえるかどうか心配でしたが、車の下取り価格は3万円という結果でした。そのあとは、その車は修理を経て代車などのように生まれ変わるそうです。ローンが残っているケースでは、車の下取りや車買取にお願いするのは可能でしょうか。中古車販売店の名義で車に所有権があるときは所有権を無効とするためにローンを一気に返してしまうことが必要です。こんなときは、残っているローンを新規のローンに上乗せして、ローン残金を完済返済すれば、二重ローンになることなく、車下取りに出せます。

親戚や家族が所有者として登録されている車も手間はかかりますが売れないことはありません。

本来提出すべき書類に加えて、所有者の印鑑証明書、所有者による委任状(実印押印)、誰がいつ譲受人に譲渡したのかを記載した譲渡証明書の提出を求められます。

ただ、所有者が故人のときは、こうした書類を揃えることは不可能ですから、車の所有権の移転登録を行い、新しい名義人の所有物になってから売却します。

状況次第で要求される書類は異なりますが、故人所有の車の場合は売るのは簡単なことではありません。

買取業者に車を売る際の手続きを具体的にあげると以下の通りです。売却の第一歩は査定です。

まず査定サイトで車のデータを登録し、机上査定の金額を知ることから始まります。

そして現物を業者から派遣された査定士が判定し、実際の査定額(買取額)が提示されます。思ったより低い額なら断って別の業者に来てもらうこともできますが、いずれにせよ引取日程や金額などの調整が済んだら契約書にサインします。引渡日当日になったら業者に車とカギを渡し、無事に手続き全般が終わったところで業者から売却代の振込があるのが普通です。中古自動車を購入する場合は、事故車と呼ばれるものを買ってしまわないように用心した方がいいのではないでしょうか。

いくら修理されている、とはいえ、事故車はトラブルがあることもあります。

しかし、知らない人が事故車を識別することは難しいので、信頼できる業者で買ってください。中古車売却の際には、なるべく沢山の会社に見積もりを依頼してから売却先の業者を決定するのが、中古車売却を成功させる秘訣のひとつでしょう。

多数の買取会社のスタッフに同時に見積もりを依頼して、価格競争をさせるというのも有効でしょう。

マナー違反のように感じる人もいるかもしれませんが、これは良くあることなので、特に気にすることはないでしょう。

それから、実際の契約に際しては売買契約書の全文をしっかりと把握してから契約することも必要です。中古車を売る際に必要となる事項を調べてみました。

売却した金額を振り込むための銀行口座と車検証と印鑑証明(発行後1か月以内の物を2通)などを準備しておきましょう。取扱説明書やスペアキーがあれば買取、査定の金額が上乗せされる可能性も十分あります。

自動車を手放す手続きをする際には、必要書類の中に車庫証明は入っていません。

しかし、新しく自動車を購入した際には、きちんと自動車を保管する場所を届け出る車庫証明書が必要になってきます。

これは販売店側で代行サービスを行うケースが多いですが、自分自身の手で手続きをしに行くことも出来ますよ。少々手間がかかるとはいえ中古車販売店に支払う手数料分が節約可能になるので、トライするのも結構ですね。手続きをするときには、前に乗っていた車はどうなったか説明しないといけないので、手続きに行く際には売買契約書を忘れずに持参して下さい。二重査定という制度は中古車買取業者においては好都合な制度ですが、利用者にはかなり不利となります。

悪質業者に至ると、巧妙に二重査定という制度を利用して、大幅に査定額を下げることもあります。二重査定制度におけるトラブルを回避するためにも、契約を結ぶ前に契約書をきちんと確認すること、査定の際に車の状態を明確に伝えることが大事です。車の売却を考えたときに気になるのはやはり、どのくらいの買取金額になるか、ですね。

買取金額が低かったら、気落ちしてしまいます。車の買取査定を行ってもらっても、金額を低すぎると思えたのでしたら、その業者で売る必要はありません。

車を売ったあとから売らなければよかったと後悔しては遅いだけなので、相場よりも安すぎるのでは、と疑問に感じたら別の買取業者の査定を出してもらったほうが良いです。