先日のこと、長年乗ってきた愛車を売って

先日のこと、長年乗ってきた愛車を売ってしまいました。

売りに行った際に売る先の中古車業者から、売った車がその後インターネットで販売される流れや必要な手続きに関する書類などのわかりやすい説明を受けました。大切にしてきた思い出深い車なので、大切にしてくれる方に売れて欲しいと思い、しっかりと真剣に話を聞きました。車の査定においては、なるべく高い査定額をつけてもらいたいものです。

そしてそのための交渉のやり方と手順を知っておく必要があります。まず最初に、いくつかの業者にあたって、見積もりだけもらってくるようにします。

価格に関しての交渉はまだしないでおきます。そこから最も高く出してくれた見積もり額の数字を基本に目当ての業者と交渉をスタートさせます。これがうまくいくと、見積もりで出た最高額以上の値段を業者から引き出せることもあるでしょう。

ですが、これを繰り返すと、車を売る気がないのだろうと間違って判断される恐れがありますので、あまりしつこくアタックするのはおすすめできません。

愛車を売却するときに気をつけたほうがよいのが、メール、もしくはインターネットで査定された金額でしょう。

この価格が車の査定額決定で発生しがちな問題の要因です。

この価格で了承して業者に依頼して、自宅で査定してもらうと、車にダメージがあるのでネットの査定額よりも少なくなってしまいがちです。従って、出張査定の際もいくつかの業者に依頼するのがいい条件で売るポイントです。

この前、運転中に事故を起こしてしまいました。破損した車をどうするか正直迷いましたが、結局、修理する方を選びました。

修理にいくらかかるのか見積もりをもらって、買い替えるべきかどうか迷った結果です。修理の間は、代車生活を送っています。修理が終わって車が戻ってくるのが待ち遠しいです。名前を明かさない状態で査定ができない最大の理由となるのが、盗難に遭った車や、犯罪に利用された車だった際に、問題は大きなものになるからです。

という状況の車を評価額算出してしまった場合、買い取り手もトラブルに遭う兆しが出てきます。この期待しない事態を免れるために、査定には、名前が必要であるとお考えください。

一般的に買取業者が中古車を見積もるときに見る点と言ったら、大別すると車種やボディカラーなどの基本となる事項や、ナンバープレートを含む外装の傷の状態確認や走行距離数の確認、車体内部の汚れや臭いがあるかどうか、故障歴や事故歴があったかどうかなどのチェックをするのです。

このような事項にあてはまる場合はマイナス査定になり、加点されるケースとしては、発売されたばかりのカーナビやオーディオが搭載されている場合などがあります。以上の結果にその時点での査定相場価格を加味して、最終的にその車の査定金額が決定されるのです。

同僚から「楽で便利だった」と聞いていたので、無料出張査定サービスを使って車を売ってみました。

自宅に来てもらったのですが、出張査定人の職人気質な仕事にちょっと感動してしまいました。

見ていると、かなり細かくチェックをしていく訳ですが、それでも仕事は素早くこなされて、それ程時間はかからなかったと思います。

ドアのところにわずかな傷が発見されましたが、これは自分では知らないものでした。

プロの技術者の、確かな腕を見せてもらいました。しかし大したマイナスにはならなかったので良かったです。近頃販売されている車は買った当初からカーナビが付いているものがほとんどです。そういうわけで、カーナビゲーションシステムが搭載されていてもそれ程プラス評価が付くことはなくなったのです。

例外的に、後付けで高価なカーナビゲーションシステムを導入しているときには査定額アップが望めるでしょう。カーナビを外すのにさほど手間がかからないのならば、買い取りに出す前に外してしまって別途オークションに出品した方が得になるケースも出てくるでしょう。ダイハツが売り出している車に、タントと名付けられたブランドがあります。

どういう特徴のある車でしょうか。

まず、タイプとしては、軽トールワゴンと名付けられています。

ただ今、リニューアルを重ねて、三代目まで発表されています。軽の割に、ビッグな車体も人気があります。車を売却する時には、高く売ることができる時期や、タイミングを逃さないように十分に気を付けることが重要です。特に、毎年、3月の決算期、さらに9月の中間決算あたりの時期は車を高値で売ることが可能です。あと、ウインターシーズンの前には、4WDなどのアウトドア車が売りやすいでしょう。こんなような、車を高価格で売るには、時期を考えることも必要となるのです。